書評

ゼロから学べるブログ運営✖️集客✖️マネタイズ 人気ブロガー養成講座|ブログを書いていく上で手元において何度でも読み返したい一冊

今回よむきっかけとなったのは課題図書として出されたためですが、以前から読みたい本として読書メーターに登録してあった一冊です。

本書を読んでほしい方

現在ブログが上手くいっていない方、ブログをキッカケに次のステップに進むことを考えている方。

著者の紹介

菅家伸

デジタルハリウッド静岡Webデザイナー専攻トレーナー/静岡ライフハック責任者/日本アフィリエイト協議会理事。
筑波大学理工学研究科修了。大手化学メーカーに勤務後、2005年に独立。主な業務は、自社ウェブ媒体の運営、他社のウェブシステムの組み込み、ブログ・ソーシャルメディアのコンサルティングなど、ネットマーケティング全般に携わる。運営ブログ「わかったブログ」は月間数十万PV。
商品紹介ブログツール「カエレバ」はユーザー多数。
フルマラソンはベスト3:08‘10。静岡市在住。

著者はブログ運営を行なっていく中で自分の夢を実現された方です。
本書には著者の経験がたくさん盛り込まれています。

構成と読みやすさ

本書は以下のような構成になっています。
8つのパートに分かれていますが、どこからでも読むことができます。

Part1 ブログが成功すると人生が変わる
Part2 ブログコンセプトを考える
Part3 成果を出す記事ライティング
Part4 ブログへの集客
Part5 ブログの状態をチェックする
Part6 ブログのユーザビリティを高める
Part7 ブログを飛躍させる
Part8 ブログマネタイズ

「人」に対して記事を書く

本書を読み始めて、最初にガツンときたのは「はじめに」です。

検索エンジンではなく、「人」に対して記事を書くべき

頭ではわかっていても、それがブログを書く時に意識できていないのです。
いつの間にか気づかなくなっています。

著者はブログにファン(読者)がつき、繰り返し訪れてくれるようになることを目標にしています。
読者が増えれば、収益化にもつながってくると考えています。

頭ではわかっているのだけれども、まだ書くので精一杯のわたしにとっては難しい課題です。

コンセプトをつくる

著者はブログコンセプトが必要であるとしています。以前他書でも読んだように思います。

わたしが、ブログを始めたとき「ブログを始めれた先には何かがある」のでは、という期待感で始めました。
自分が何を書きたいというものはありませんでした。
今でも書きたいというものが明確にあるわけではありません。
強いて言えば、今やっていることを書くくらいでしょうか。

それをどうブログに表していくかが課題なのかなと感じました。

自分のブログを評価し、次の行動目標を立てる

GoogleAnalyticsやGoogleサーチコンソールは導入していましたが、最近は全く見ていませんでした。
これを機会に改めて見てみると、特定の記事にアクセスが集中しています。
それぞれどんな人が検索しているのか想像してみました。

テクニカルアナリスト試験の感想と今後先日、テクニカルアナリスト試験に合格しました。テクニカルアナリストやその試験のことについて触れたいと思います。 わたしが今回受験したの...

受験者が検索しているのでは?と思います。

体重体脂肪の推移
50代で体脂肪率18%台から12%台に落としたダイエット方法【まとめ】|ダイエットわたしは以下のブログで報告したとおり、今年の3月から5月にかけてダイエットにチャレンジしました。体脂肪率を18%台から12%台に落とすこ...

今年こそダイエットを成功させたいという人が検索している。

2019年の初日の出
今年のテーマは『整理の年』 昨年はいろいろなことに挑戦した年でした。 挑戦しすぎて、あふれてしまったところがあります。 なので今年は少しセーブしよう、もう一度ミ...

ゲッターズ飯田さんの書籍を読んだ人が検索している。

仏教検定3級に合格しました!興味本位で受けてみました。 わたしが受検したのは、「一般社団法人 日本仏教協会」が主催しているものです。 試験は簡単です。 とい...

興味がある人

それそれ、継続する記事ではないのですが、これを次に繋げられるように考えられると良いのかなと感じました。

まとめ

とても良い内容が書いてある本だと思います。
が、今の自分にはまだ早いと思いました。
本書にも書かれていますが、まずは書き続けること。
これをおろそかにしてしまっています。

結局は「やれ!ってこと

やっていく過程の中で課題にぶつかり、その解決策を本書から見つけ出していければと思います。

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ人気ブロガー養成講座

菅家伸 ソーテック社 2016年10月
売り上げランキング :

by ヨメレバ