書評

神さまとおしゃべり|今だから受け入れられるようになった一冊

立花Be塾での課題図書として読みました。諸事情により塾は途中退場してしまいましたが、とても良い本なので感想を書くことにしました。

本書を読んでほしい方

引き寄せの法則とかに興味があるけど、よくわからないのでやったことがない人。
引き寄せの法則を試してみたけど、うまくいかなかったと感じている人。

著者の紹介

さとうみつろう

札幌の大学を卒業後、10年間エネルギー系の東証一部上場企業に勤める。「社会を変えるには1人1人の意識の変化が必要」だと痛感し、2011年にブログ「笑えるスピリチュアル」を開始。斬新な視点が話題となり、またたく間に各種ランキングで1位を獲得。月間200万アクセスを誇る大人気ブログとなる。2014年、読者や周囲の声に応える形でサラリーマンを引退し、全国各地でトークショー&ピアノライブを開催。同年出版した初の著書『神さまとのおしゃべり』(ワニブックス)は20万部を突破する大ベストセラーとなる。またシリーズ作『悪魔とのおしゃべり』(小社刊)は、発売1ヶ月で7万部を超え、話題を読んでいる。
主な著書に『金持ち指令』(主婦と生活社)、『営繕さんの幸せドリル』(小学館)などがある。
ブログ:笑えるスピリチュアル

構成と読みやすさ

本書は以下のような構成になっています。
平易な言葉で書いてあるので、読みやすいです。
ベストセラーになって理由もわかる気がしました。

1時限目 「現実」とはなにか?
2時限目 思い通りに現実を変える、12の方法
3時限目 簡単にお金持ちになる方法
4時限目 私があなたで、あなたが私
5時限目 この世の仕組みと真の幸せについて
6時限目 ミソカワモウデに行こう

人は望み通りの人生を歩んでいる

「人は望み通りの人生を歩んでいる」と言われて、納得する人はどれだけいるだろうか。
少なくとも私は本書を読むまで、この問いに対して納得していませんでした。でも、いつ望んだかはわからないけど、どこかで望んだんですね。
私は大学を卒業してとあるIT系企業に入りました。
今考えると企業に縛られたくないなと思いながらも入ったように思います。
大学を卒業したら就職する、それが当たり前だったから。
その当たり前に流されていたように思います。
たとえ流されたのだとしても、それは自分が選んでいる。
そして、今はその会社を離れた。
それも自分で選んでいる。
すべて望みが叶っているのですね。

①願いが叶うころに、本人が願ったことを忘れていたり、
②願いが複雑で、叶ったこと自体に本人が気づけなかったり
③まちがえた願い方をしたせいで、変な形で叶ってしまったり

ただそれだけのことなんです。

お金持ちになるのは簡単

私はお金を稼ぐのは大変だと教わってきたと思っています。明確にそう言われたことは少ないと思います。
両親が自営業だったこともあり目の前で朝まで仕事をしているのを見たこともあるので、お金を稼ぐのは大変だと思っているように思います。

ですが、本書ではその「お金持ちになるのは難しい」という固定観念を消しなさいと言っています。
「お金持ちになるのは難しい」という固定観念を持つことが、すでにその望み通りの人生を歩んでいることになるからです。
では、「お金持ちになるのは難しい」という固定観念を消し去るためにどうすれば良いか。
「簡単にお金持ちになった人」を探すことです。数多くの「簡単にお金持ちになった人」を見ることで、それまでの観念を崩していくのです。
そして、お金をほしいと思うことに素直になり、お金を愛するのです。
お金を欲しがることが恥ずかしいことだとか悪いことだとか思っているとそのこと自体が固定観念となってしまい、その望み通りになってしまうのです。
だから、お金を欲しいのなら、その気持ちに素直になった方が良いということです。

真の幸せとは

私たちの真の幸せとは何でしょうか。
「いつか幸せになりたい」というのは叶っているのですね。
いつか幸せになりたいと望んでいるのですから、叶っているのです。
では、今幸せだと言えば良いのか。

神様は99.9%はお金以外の豊かさを用意している、と本書には書かれています。
だから、お金以外の豊かさに気づけることで、お金にしか価値がわからない人より999倍早く豊かになれる、ということです。
ならば、お金以外の豊かさに気づけた時、それは幸せなのではないでしょうか。
幸せな人は幸せである理由を探す人、不幸せな人は不幸せである理由を探す人。
そして、その幸せに感謝する、その感謝している時こそ、真の幸せなのですね。

私は一時期Happynoteというアプリを利用してその日の感謝日記を書いていました。
感謝することを3つあげるというものです。
3つ以上あることもありますが、必ず3つにします。
逆に1つもない日もあります。家に引きこもっていると何もない日は多いです。それでも何かに感謝していました。
ですが、いつの間にか、やめてしまいました。
これを機会にもう一度再開します。

まとめ

本書を読んで感じたのは、もしこの本を読む5年前、10年前に読んだのならしっくりとこなかったし、受け入れられなかったと思います。
私自身の多くの経験を経た今読むから受け入れられるようになったと思います。
ただ、受け入れられたと言っても、ここに書かれていることが全て明日から実践できるようになるとは思えません。
「欲しい」という気持ちは何度でも起きてきます。
そういう気持ちが湧いてきた時、もう一度本書を読み返し、今豊かであり、今幸せであることに感謝していきたいと思います。