英語100万語多読チャレンジ

Arjo’s Bike|Oxford Wolf Hill Level 2

こんにちは。

私の行っている英語100万語多読チャレンジは酒井邦秀先生が提唱している多読法であり、易しい本からはじめてゆっくりと段階を上げていくものです。その多読には3つの原則があります。

  1. 辞書は引かない(引かなくてもわかる本を読む)
  2. 分からないところは飛ばして前へ進む(わかっているところをつなげて読む)
  3. つまらなくなったら止める(1,2の原則で楽しく読めない本は読まない)

この原則にしたがって本を読んでいきます。詳しくは下記の本をご覧ください。

私は1度100万語を達成しましたが、その後続けず終えてしまいました。2020年から再開し途中休みの期間もありながら現在に至っています。2021年中に100万語達成することを祈って頑張りたいと思います。

それでは、今日の本の報告です。

読了Book

タイトル :Arjo’s Bike
作者   :Roderick Hunt
シリーズ名:Oxford Wolf Hill Level 2

あらすじ

アルジョにとって自転車に乗ることは、災難で終わります。それは非常に奇妙な発見につながります。

A bike ride almost ends in disaster for Arjo – and leads to a very strange discovery.

※あらすじは背表紙から引用し、日本語で訳したものです。

感想

アルジョは運河沿いの道で遊んでいたTeenager達に自転車を運河に落とされてしまいます。アルジョだけでなく大人たちも一緒になって自転車を引き上げようとしますが、誤って運河のプラグを引き上げてしまいました。水が引いた運河の底にはWolf Hill Schoolにとって大切なものが眠っていました。

Arjo’s bike is dropped into the canal by teenagers playing on the road along the canal. Not only Arjo but also adults tried to pull up the bike together, but accidentally pulled up the plug of the canal. At the bottom of the watered canal was something important to Wolf Hill School.

※文責はサイト管理者にありますが、英語の感想は一部Google翻訳等も利用していますことをご了承ください。

記録

YL   :1.6
総語数  :1,687
語数/行 :6.6
行数/頁 :5.3
頁数   :48

月累計  :13,707
総累計  :130,263