英語100万語多読チャレンジ

The Night it Rained Chips|Oxford Wolf Hill Level 1

こんにちは。

私の行っている英語100万語多読チャレンジは酒井邦秀先生が提唱している多読法であり、易しい本からはじめてゆっくりと段階を上げていくものです。その多読には3つの原則があります。

  1. 辞書は引かない(引かなくてもわかる本を読む)
  2. 分からないところは飛ばして前へ進む(わかっているところをつなげて読む)
  3. つまらなくなったら止める(1,2の原則で楽しく読めない本は読まない)

この原則にしたがって本を読んでいきます。詳しくは下記の本をご覧ください。

私は1度100万語を達成しましたが、その後続けず終えてしまいました。2020年から再開し途中休みの期間もありながら現在に至っています。2021年中に100万語達成することを祈って頑張りたいと思います。

それでは、今日の本の報告です。

読了Book

タイトル :The Nights it Rained Chips
作者   :Roderick Hunt
シリーズ名:Oxford Wolf Hill Level 1

あらすじ

エイプリルフールにチップがウルフヒルスクールに配達されました。それはジョークではありません。

When chips are delivered to Wolf Hill School on April Fool’s Day it’s no joke.

※あらすじは背表紙から引用し、日本語で訳したものです。

感想

クリスが学校に行くと「立ち入り禁止」の看板が出ています。それはジョークでしたが、その後学校にあるものが届きます。エイプリルフールとはいえ学校に「立ち入り禁止」という看板を出すものなのでしょうか。このくらいの事は許されるのかな。

When Chris goes to school, there is a “NO ACCESS” sign. It was a joke, but then you get what’s in school. Even though it’s April Fool’s Day, is it something that puts up a sign saying “NO ACCESS” at the school? I wonder if this kind of thing is allowed.

※文責はサイト管理者にありますが、英語の感想は一部Google翻訳等も利用していますことをご了承ください。

記録

YL   :1.5
総語数  :1,139
語数/行 :4.6
行数/頁 :7.7
頁数   :32

月累計  :3,305
総累計  :119,861