英語100万語多読チャレンジ

Brown Eyes|Penguin Readers Level 1

こんにちは。

2020年8月までしていた英語100万語多読チャレンジですが、諸事情により休んでいました。それを2021年3月から再開することにしました。また休むこともあるかもしれませんが、2021年中に100万語達成することを祈って頑張りたいと思います。

再開するにあたってブログの文面を変更しました。昨年はこのブログの記録の中に英語の勉強記録も書いていましたが、それは止めました。一方であらすじと感想を詳しく書くことにしました。さらにはあらすじと感想には英語の文も加えてあります。なお、あらすじの英文は本の背表紙等に書いてあるものの引用です。

それでは、昨日読んだ本の報告です。

読了Book

タイトル :Brown Eyes
作者   :Paul Stewart
シリーズ名:Penguin Readers Level 1

あらすじ

毎年、ピーターとスーザンはリーオンシーに行きます。 毎年同じです。 しかし、今年はピーターのふりをしている男性がいます。 どうして? 彼は何がしたいの? これが彼らの最後の訪問でしょうか?

Every year, Peter and Susan go to Lea-on-Sea. Every year it is the same. But this year there is a man pretending to be Peter. Why? What does he want? Will this be their last visit?

※あらすじは背表紙から引用し、日本語で訳したものです。

感想

こういうサスペンスの物語は好きです。本書のストーリーも良かったです。しかし、最後の終わり方はちょっと残念な感じがしました。日本のサスペンスなら最後はピーターが犯人を追い詰めて一件落着、と思いました。

I like this kind of suspense story. The story of this book was also good. However, I felt a little disappointed at the end. In the case of Japanese suspense, I thought that Peter would hunt down the criminal and settle the case at the end.

※文責はサイト管理者にありますが、英語の感想は一部Google翻訳等も利用していますことをご了承ください。

記録

YL   :1.0
総語数  :1,500
語数/行 :5.9
行数/頁 :9.7
頁数   :26

月累計  :20,536
総累計  :70,885