書評

モテる読書術|早く読んで、検索して、メモしろ

ズバリ!タイトルに惹かれて読みたいと思いました。

本書を読んでほしい方

モテるかどうかはともかく、少しでも年収を上げたい方。
どうやって読書を年収アップにつなげるかを知りたい方は読んでみても良いのではないでしょうか。

著者の紹介

長倉顕太

フリーパブリッシャー、マーケッティングコンサルタント。
1973年東京生まれ、学習院大学卒。28歳のときに出版社に拾われ、編集者としてベストセラーを連発。その後、10年間で手がけた書籍は1000万部以上に。現在は独立し、サンフランシスコと東京を拠点に、コンテンツ(書籍、電子書籍、オウンドメディア)のプロデュースおよび、これらを活用したマーケティングを個人や企業にコンサルティングのほか、教育事業(若者コミュニティ運営、インターナショナルスクール事業、人財育成会社経営)に携わっています。
著書には『親は100%間違っている』(光文社)、『超一流の二流をめざせ!』(サンマーク出版)があります。
著者のウェブサイトはこちらです。

わたしは著者の本を読んだのは初めてです。ですが、著者が携わった本(石井裕之さん苫米地英人さんなど)は読んでいます。

構成と読みやすさ

本書は以下のような構成になっています。平易な言葉で書かれているので読みやすいです。

第1章 人生なんてつまらない!
第2章 だから、おまえは騙される!
第3章 モテる読書術とは何か?
第4章 読書を現実世界に落とし込め!
第5章 モテる人がやっていること
第6章 ストリートスマートになるために
最終章 運を味方につける

早く読んで、検索して、メモしろ

著者は最終的にはたくさんの本を読むことを勧めています。
たくさんの本を読むために必要なポイントとして3つあげています。早く読む、検索する、メモする、です。早く読むは速読術ということではなく、少しでも早く読むことです。早く読むために、気になったことを事前に検索してメモをしておくのです。さらに読み終わったときもメモをするということです。極めて簡単なことです。

本を読んでリアル世界を攻略する

本を読んで知識を詰め込むことも大事ですが、知識は使わなければ意味がないともいっています。

知識をリアル世界につなげることが『モテる読書術』でやることだ。

といっているのです。本を読んで使っていくことが本書での一番の肝と感じました。
そういう意味では、本書は読書術と名を打っていますが、世間で言われる読書術の本とは違うのではないでしょうか。

スマートストリートを目指そう

スマートストリートとは何でしょうか。
スマートストリートと対極にある言葉にアカデミックスマートがあります。アカデミックスマートは学術的な知識がある人のことを指しています。机上の知識がある人ですね。
スマートストリートは、本書では以下のように定義しています。

何が起きてもおかしくない時代に、その場その場で臨機応変に対応し結果をだす

何が起きるかわからない時代だからこそ、何が起きても大丈夫なように準備しておくことの必要性を説いています。
そのスマートストリートになるために重要なこととして、勝負勘、直観、瞬発力が必要だとしています。本書ではスマートストリートになるために実行できることとして13の実践リストがあげられています。なかにはこれは難しいなと思うものもありますが、チャレンジする価値はあるように感じました。

まとめ

本書でいう『モテる』読書術とは、モテるためのヒントが読書そのものにあるのではなく、読んで、それをもって行動したときにモテるようになるかもしれない、と言っているのだと思います。行動するためのヒントを得るために読書をあげているように感じました。

最近インフルエンサーという言葉が流行っていますが、インフルエンサーに本をたくさん読んでいます、というだけの人はいないように思います。やはり行動している人がインフルエンサーになっているのではないでしょうか。

わたしも少しでも多く本を読んで行動していきたいと思います。