読書メーター

2021年2月の読書メーター

先月の読書冊数は1月に比べるとさらに落ちました。
積読本もほぼ変わっていません。積読本を減らすことが目的で始めたこの記録です。頑張ります!

先月の記録

先月の読書冊数:7(前月比:-3)
読んでいる本 :4(前月比:-1)
積読本    :83(前月比:+1)
読みたい本  :381(前月比:+18)

積読本を減らすことを目的にしていますが、書評を書くことももう一つ目標にしています。書評を書こうとすると、どうしても1冊の本を読み終わってから次の本を読むまでの時間が空いてしまいます。この時間を縮めたいと思っています。うまく両者の目標を達成できるように解決方法を考えていきたいと思います。

読書メーターの記録

2月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:1915
ナイス数:195

10万円から始める! 小型株集中投資で1億円 実践バイブル10万円から始める! 小型株集中投資で1億円 実践バイブル感想
前著で著者の投資について説明されていましたが、本書ではそのレベルアップ版として投資戦略や値上がり株の見つけ方や買った後どうすべきかが書かれています。個人的にはEpilogueにかかれている「コロナショックの裏側」がとても興味深いものでした。私にとってはこれだけでも本書を読む価値がありました。
読了日:02月24日 著者:遠藤 洋
60歳からの生き方哲学 円熟した大人の作り方60歳からの生き方哲学 円熟した大人の作り方感想
2020年から2021年にかけて新型コロナウィルスという世界中の老若男女に共通する死の可能性が出てきました。このような中で今までになかった奇異な状態から「新しい生き方」が必要となってきました。その新しい生き方とは「添う力」と「ずらす力」です。らせん運動の如く少しずつずらしつつ、一方で人生の成果を味わいながら生きていく。それが60代だというのが筆者の考え方です。「積極的受動性」と「中庸の精神」を以て平和裡に生きていくための指針を与えてくれる1冊です。
読了日:02月22日 著者:齋藤孝
究極の独学術 世界のすべての情報と対話し学ぶための技術究極の独学術 世界のすべての情報と対話し学ぶための技術感想
ここ数年、読書術や独学術の書籍が多数発売されています。中でも「独学大全」は独学というものを一躍有名にさせてくれた一冊と言って良いと思います。本書は単なる独学の技術というより何のために独学をするのかを問う一冊です。それは本書のサブタイトルにもあるように「世界のすべての情報と対話し学ぶための技術」です。前書「リベラルアーツの学び方」を読んで参考になった方は、本書も手に取って良いのではないでしょうか。
読了日:02月07日 著者:瀬木 比呂志
バズる書き方 書く力が、人もお金も引き寄せる (SB新書)バズる書き方 書く力が、人もお金も引き寄せる (SB新書)感想
SNSで誰もが発信できるようになった現代において、「1億総中流時代」に代わって、「1億総書き手時代」が訪れました。誰もが手軽に発信できるようになった今、どのようにすれば多くの人に読まれ、心を動かすことができのか。その勘所とコツを伝えてくれる1冊です。
読了日:02月04日 著者:成毛 眞
今すぐ使えるかんたんmini GoPro 基本&応用 撮影ガイド[改訂2版]今すぐ使えるかんたんmini GoPro 基本&応用 撮影ガイド[改訂2版]
読了日:02月02日 著者:ナイスク
今すぐ使えるかんたんmini Nikon Z 50 基本&応用撮影ガイド今すぐ使えるかんたんmini Nikon Z 50 基本&応用撮影ガイド
読了日:02月02日 著者:塩見 徹,Ryo Editor
知的生産の技術 (岩波新書)知的生産の技術 (岩波新書)感想
本書で取り扱われているのは、個人の知的生産活動の技術です。現在において独学も含めこの分野の書籍は多数存在しています。では、この書籍は発行された当時はどうだったのか。まったくなかったということはないと思いますが、ここまでロングセラーになった本はないように感じます。そういった意味で古典書の部類です。
具体的な方法論として現代社会において利用することはできる面もあると思いますが、ちょっともったいないと感じます。ですが、本書に書かれている考え方と方法はいつでも使える普遍的なものと思います。
読了日:02月02日 著者:梅棹 忠夫

読書メーター