書評

「知的生産のためのメモ」で夢をかなえる|メモの魔力

今回紹介するのは前田裕二さんの『メモの魔力』です。わたしは著者のことをよく知りませんでした。もしかしたらTwitterでフォローしていたかもしれませんが、あまり気にしたことはありません。でも本書を見た時、とても惹きつけるものがありました。なんといっても『メモの魔力』ですから。どんな魔力があるのだろう?と気になってしまったのです。メモでどんなことができるのか楽しみになりました。

本書を読んでほしい方

帯に『ペンをとれ。メモをしろ。そして人生を、世界を変えよう』とあり、ワクワクしました。夢を叶えたいと思う方には一読の価値があるかもしれません。

著者の紹介

前田裕二

SHOWROOM株式会社代表取締役社長です。
1987年東京生まれ。2010年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、外資系投資銀行の入行。11年からニューヨークに移り、北米の機関投資家を対象とするエクイティセールス業務に従事。数千億~兆円規模の資金を運用するファンドに対してアドバイザリーを行う。13年、DeNAに入社。仮想ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げる。15年に当該事業をスピンオフ、SHOWROOM株式会社を設立。同年8月末にソニー・ミュージックエンタテイメントからの出資を受け、合弁会社化。
著書に『人生の勝算』があります。

構成と読みやすさ

本書は以下のような構成になっています。本書には著者がどのようにメモを取っているか参考になる写真も掲載されています。なので、明日からでも著者のメモのとり方を真似することもできます。また巻末には【自己分析1000問】という付録もついています。これから就職される学生の方、自分を振り返りたい若人の方はやってみるのも良いのではないでしょうか。

序章  「メモの魔力」を持てば世界に敵はいない
第1章 メモで日常をアイデアに変える
第2章 メモで思考を深める
第3章 メモで自分を知る
第4章 メモで夢をかなえる
第5章 メモは生き方である
終章  ペンをとれ。メモをしろ。そして人生を、世界を変えよう

知的生産のためのメモ

わたしにとってメモというと記憶の代わりというイメージがあります。よく忘れることが多いので「メモしとけ。」と言われたので、その印象が強いのだと思います。
本書ではメモには2つあるとしています。一つはわたしがイメージしている記憶の代わりとしての「記録のためのメモ」です。もう一つは「知的生産のためのメモ」です。単なる記録ではなく、そこから新たなものを生み出していくための過程をメモとしているのです。本書ではこの「知的生産のためのメモ」について扱っています。
この「知的生産のためのメモ」のためのフレームワークが「ファクト→抽象化→転用」です。ファクトだけなら「記録のためのメモ」、それを他に応用可能な形に「抽象化」する、その抽象化したものを次のアクションへと「転用」するという流れです。著者は、この流れをもって知的生産につながるメモをとっているのです。

抽象化ゲームで抽象化能力を身につける

ここで抽象化とは何か。著者は以下のように言っています。

抽象化とは「本質を考えること」

わたしは、ファクトから他の分野に応用できるような点・法則を見つけることなのですね。その抽象化脳力を向上させるために、著者は抽象化ゲームというのをしているようです。抽象化ゲームは「AはBである」という命題を出し、その共通点を言ってもらうというもののようです。例として「人生は小籠包だと思わない?」「仕事って麻雀みたいだよね?」というのがありました。謎掛けのように感じました。

「思い」を「想い」に変えていく

本書を読み進めていくと、筆者がメモをとるのは夢の実現のためと感じます。夢を現実化するために「言語化」する、言語化することで夢への抽象度を深め、夢をかなえるために必要なことを見つけていくのです。
そして、その「思い」を「想い」に進化させていくというのです。単に「思い」ではなく「想い」なのは、より深い想像力で対象のことを考えている状態だとしています。そのくらい強い想いをもって、夢をかなえるための手段を見つけていった時夢は叶えられるのです。

まとめ

本書を読み進めていって感じたのは、単なるメモのとり方の話ではないことです。メモを「夢を実現するためのツール」として扱っています。夢を実現するためには言語化したほうがいい、言語化していくためには普段からメモをとる習慣を身につけたほうがいい、ということです。逆に言えばメモをとることで夢を実現できるようになるかもしれないとしているのではないのでようか。また、今夢がなくても、メモをとることで抽象化した概念を得、夢にしていくこともできるように感じました。本書のタイトルは『メモの魔力』です。メモは何のための魔力なのか、それは夢をかなえるための魔力なのです。
わたしはけっこう頭で考えてしまうことが多くノートをとることが少ないです。本書を読み改めて言語化することの大切さを感じました。さまざまな形で言語化し、夢をかなえていきたいと思います。